• facebook

日の本寝具 涼しく眠る工夫 暑い季節を快適に過ごす方法

蒸し暑く、熱帯夜も多い日本の夏。
夏の汗は嫌われものですが、上手に汗を出して「体温を下げること」、それが夏に快適に眠るコツです。
本来、人の眠りは体温のリズムでコントロールされています。強制的にジェルパッドなどで冷やしては質のいい睡眠にならず夏バテしてしまうかもしれません。
汗をしっかり吸って外に逃がす吸放湿性の高い天然素材、背中に熱がこもらない麻素材やメッシュ構造の敷きパッドがおすすめです。

1.空気の層を作るパッドで風を通す

空気の層を作るパッドで風を通す暑い夏、身体の下に空気の層をつくり、熱気や湿気を逃がす構造が快適に眠るコツです。
メッシュパットは布団と肌の間に空気の層を作ることができます。



ベットパッド・敷きパッド 比較表へ





2.吸放湿性の高い素材のケットを使う

空気の層を作るパッドで風を通す高温多湿な日本の夏には温度だけでなく湿度をこもらせないことも大切です。
吸放湿性に優れた、素材を選ぶことも暑い夏を快適に眠るコツです。



ケット・毛布 比較表へ




3.麻素材の熱伝導で寝返りのたびに涼しい肌ざわり

体にフィットするケット・毛布で隙間をうめる天然繊維の中で最も涼しい麻素材。
麻の涼しさの秘密は熱伝導の良さにあります。
人の体からでた熱をす~っと拡散させてひんやりに戻る。
一晩の中で20~30回は打つ寝返りのたびに、さらっと涼しい場所に移動できるので、快適に眠ることができます。





ベットパッド・敷きパッド 比較表へ

ケット・毛布 比較表へ




4.しぼで涼しく眠る

体にフィットするケット・毛布で隙間をうめる日本の夏に昔から伝わる「ちぢみ」
麻織物や綿織物に独特のしぼ加工をすることで凹凸を作る技術です。
生地が肌にはりつかず、独自のシャリ感でさらりと気持ちいいです。
暑い夏を乗り切る先人の知恵です。



ベットパッド・敷きパッド 比較表へ

ケット・毛布 比較表へ






あたたかい工夫 寒い季節を快適に過ごす方法

商品カテゴリ

サイズ別

サイズ別

オンラインショップ営業日カレンダー

詳しくはインフォメーションをご覧ください。

カテゴリから選ぶ
サイズから選ぶ