寝具に関して

冷え性改善で睡眠の質を改善

  • 再生回数:12

冷え性改善で睡眠の質を改善

はじめまして、商いの街・船場にて、心地よい眠りのための寝具の販売している日の本寝具の高谷です。

毎年冬になると冷え性に悩まされている女性の方は多いのではないでしょうか?
体の冷えは睡眠を妨げますし、質の高い睡眠をとれていないことが原因で冷え症が悪化することもあります。
そこで今回は冷え性と睡眠の関係についてご紹介いたします。

そもそも冷え性の方は夜、なかなか寝付くことができないのでしょうか?
人は活動的な日中は体温が高く、上昇しますが、夜になると体にたまった熱が手足の先から放出されていきます。このタイミングになると眠たいという状態になるんです。

ですが、冷え性の方は体温調節がうまくできないため日中も体温が上がらず、夜に熱を放出することもできません。そのため眠気が起きずなかなか寝付くことができないんです。

また、なかなか寝付くことができない日々が続いていると、血流が悪くなり体がますます冷えてしまうという悪循環に陥ってしまいます。
そのため、冷え性を改善することは睡眠の質の改善にもつながることになるんです。

冬が旬の食材には体を温めるものがたくさんあります。かぼちゃやニンジンが例として挙げられます。そのほかには生姜や香辛料、ワインや日本酒なども体を温めてくれます。

また、湯舟に浸かってリラックスすることもおすすめです。寝る直前や何時間も前ではなく、寝る1~2時間前の入浴がおすすめです。

睡眠の質を改善するためには、寝具を自分の体にあったものにするということも大切です。
枕やマットレスが自分の体にあっていないと疲れた体を回復させることができません。
また掛け布団が暖かくない、重たい、蒸れるなどの問題があると熟睡することができません。
寝具があっていないと感じている方は、一度見直してみることをおすすめします。

寝具を見直してみませんか?

日の本寝具ではオーダーメイド枕の製作や、敷き寝具のフィッティングなどを行っています。お客様に実際に体感していただきながら作っていくことで、お客様一人一人の体の形、にあった枕や敷き寝具ができあがります。

また羽毛布団のリフォームも行っております。羽毛布団が購入したころに比べて暖かくない、重いなどの問題が起きている場合、リフォームを行うことで改善される可能性があります。
羽毛布団リフォームでは羽毛を丸洗いし、側生地も交換することで購入したてのような暖かくふかふかな状態に戻すことができます。

冷え性とそれによる睡眠の質の低下にお悩みの方はぜひ今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。

この記事を監修した人
日の本寝具株式会社 代表 高谷和志 
・睡眠健康指導土上級 睡眠環境診断士 
・インテリアコーディネーター

お問い合わせはこちら