寝具に関して

寝返りはなぜ大切?

  • 再生回数:2640

寝返りはなぜ大切?

はじめまして、商いの街・船場にて、心地よい眠りのための寝具の販売している日の本寝具の高谷です。

人は寝ている間、無意識に10~30回ほど寝返りをするといわれています。寝返りをしないと体に悪いという話をよく耳にしますが、ではどうして睡眠中に寝返りを打つことが大切なのでしょうか?

寝返りを打つことで起きるメリットとしては次の二点が挙げられます。

・身体への負担を軽減する。
・寝床内の空気を入れ替える。

寝返りを打たずに同じ姿勢のまま寝続けていると、身体の同じ箇所ばかりに負担がかかってしまうことになってしまいます。寝返りを打つことで負担を分散させることができるんです。また、寝返りはストレッチと同等の効果があるともされており、日中の活動で身体にかかった負担を適度に解消してくれます。

また、寝床内の空気を入れ替えることができるというメリットもあります。冬になるとついつい暖かくしようと掛け布団を何枚も重ねてしまうという方は多いと思います。ですが、寝床内の気温が高すぎると、それに比例して湿度も高くなり蒸れてしまうため、かえって寝苦しくなってしまうんです。
寝返りを打つことで、布団内にこもった湿度を逃がし快適に眠ることができる適切な気温・湿度に整えることができます。

上記の理由のとおり、寝返りを打つことは「質の高い睡眠」をとるためには必要不可欠とも言えます。

寝返りは多すぎても少なすぎても駄目!

ただ、寝返りが少なすぎる、もしくは多すぎるといった場合には寝具が自分の身体にあっていないということが原因の一つとして考えられます。

例えば、掛け布団が重すぎるとその重みのせいで寝返りが打ちづらくなってしまいますし、マットレスが柔らかすぎると身体が沈み込んでしまい寝返りの妨げになってしまいます。

そのため、朝起きたときに特定の場所ばかりが痛くなる、蒸し暑くて目が覚めてしまうという方はぜひ一度敷布団や敷き寝具の見直しをしてみてください。

掛け布団が重いという方は、暖かくて軽い羽毛布団がおすすめです。シングルサイズでも1.2~1.3㎏ほどしかないため、身体に負担がかからず、寝返りも簡単です。
また、今羽毛布団を使っているけれど、購入したころに比べて重くなったと感じられている場合、羽毛に汚れが付着たことが原因だと考えられます。
そんな時には羽毛を直接丸洗いする羽毛布団リフォームがおすすめです。

敷き寝具が身体にあっていないという方には日の本寝具のフィッティングがおすすめです。お客様に実際に体感していただきながら、身体にぴったりあった敷き寝具をご購入いただけます。

寝具でお困りの方はぜひ日の本寝具にお問い合わせください。

この記事を監修した人
日の本寝具株式会社 代表 高谷和志 
・睡眠健康指導土上級 睡眠環境診断士 
・インテリアコーディネーター

お問い合わせはこちら