• facebook

日の本寝具 あたたかい工夫 寒い季節を快適に過ごす方法

「あたたかく眠りたい…」
秋・冬へと季節が進む頃、毎年思うことです。
でも、具体的にどんな布団やケットをどう組み合わせたらいいか、わからない という方も多くいらっしゃいます。
「日の本寝具」がおすすめする、 あたたかく眠るお布団選びのコツをお伝えします。

体にフィットするケット・毛布で隙間をうめる

体にフィットするケット・毛布で隙間をうめる人の体温は約36℃あります。
お布団にとって人はやさしい熱源なのですが、お布団と体の間に隙間ができてはあたたかさが上手に伝わりません。
 掛け布団との間に体に柔らかく沿うケットや毛布を併用する。
 素材は蒸れない(蒸れは冷えにつながります)天然素材を選ぶ。
上手に隙間をうめることが大切です。






体温が外に逃げるのを防ぐあたたかい空気の層で体を覆う

体温が外に逃げるのを防ぐあたたかい空気の層で体を覆う掛け布団の役割は空気の層を作ることであたたかい体温が外に逃げるのを防ぐこと。
特に羽毛布団はダウンの羽枝(ウシ)で密度の高いあたたかい空気の層を作れます。
 軽い側生地の物を選びダウンが膨れやすくすること。
 重いもので蓋をして羽毛を潰さないこと。
できるだけ厚い空気層を作ることが大切です。






冷たい空気は下に溜まる床からの冷気をシャットアウト

体にフィットするケット・毛布で隙間をうめる空気はあたたかければ上へ、冷たければ下へ移動します。
寝室も冷たい空気は下に溜まります。
下からの冷気をパッドでシャットダウンすれば体感温度は変わります。
この時も、蒸れを緩和するウールやキャメルの素材をチョイスすればさらにあたたかさにつながります。




起きてるときはエアコンにこたつをプラスして頭寒足熱効果

体にフィットするケット・毛布で隙間をうめる寒くなると活躍するのはエアコンやストーブなど部屋を全体温める暖房器具です。
でも、あたたかい温度は上にたまりやすく、長時間使うと頭がぼうっとしてくることも。
今年は設定温度をすこし下げて、こたつを併用してみてはどうでしょう?
冷えを感じやすい腰から下を効率よく温め、電気代もお得に。眠る少し前に手足を温めると心地よい眠気にもつながります。





こたつ布団 比較表へ



冬の結露予防はすのこや除湿マットを上手に利用

体にフィットするケット・毛布で隙間をうめる暖房を使う冬は室内の温度は温められ、窓や床など外との境目には温度差ができます。
その境目で気体から液体になった水分が結露です。密封性の高い現代の住宅はどうしても湿気を上手に放出できず、じめじめしがちです。
空気の道を作るすのこで湿気と籠らせない工夫や、 湿度を吸って湿気を冷えに変えない除湿マットを利用すれば結露対策になります。





除湿マット一覧へ






あたたかい工夫 寒い季節を快適に過ごす方法

商品カテゴリ

サイズ別

サイズ別

オンラインショップ営業日カレンダー

詳しくはインフォメーションをご覧ください。

カテゴリから選ぶ
サイズから選ぶ