• facebook

眠りとは?

寝具店ならではの気づいた
"眠りの大切さや日の本の想い"

自分にとっての心地の良い眠りに出会えていない。

考えたことがない。

そして、「自分に会う道具に出会えていない」という方が多く

いらっしゃいます。


だからこそ、一人一人に合った眠り方や、道具、暮らし方と

眠りの関係についてお話すると、多くの方は、ご自分の毎日に気づき、

道具にも関心を持っていただけます。



そして、自分の眠りを見つめなおし、

暮らし方のスタイルから変えていかれます。

それとは異なり、寝床で深く「眠る」は、昼間活動して疲れた脳が休まり、体の修復もされ、もちろん

メンタルを整える事にもつながり、言わば心も体も強くしてくれるのです。

眠ると寝るの違い


夜にちゃんと布団に入る前にうとうと「寝て」しまうことは生活の中では少なくありません。

 

もしくは、自分はいつでもどこでもすぐに寝れる・・・

そんな方が多いのではないでしょうか?

 

しかし、これらの「寝る」ことは、夜の「眠り」を補うものではありません。ちょっと休む「寝る」は、

仮の浅い眠りであり脳や体も深く休んでいないのです。

 


sleep

 

 


眠っている時間が起きている時間の質を「上げる」


一日の三分の一は眠っているのだから睡眠を大切にしなければ・・と言いますが、時間の

長さだけではなく、眠ることを大切にし、自分に合った眠りで質を上げれば、起きている時間の生活の質

も上がるのです。


しっかり眠ればすっきりと目覚め、朝から活力が湧いてきます。
それは昼間のパフォーマンスにも繋がります。

言ってみれば、今日の眠りは明日のエネルギー充電なわけです。


その繰り返しが継続されることで今までの自分よりもさらに質が高く、充実した人生にも繋がります。
つまり、人生の質を「上げる」ことになります。


on off

 

 


人それぞれ異なる眠りの質

 

「一日に何時間寝るのがいいのですか?」とよく聞かれますが、眠りには個人差があり、短めの方が良い

人、長めの方が良い人もいます。つまり時間の"長さ"ではなく、その人にあった時間で眠ることが大

切であり、そのことが"質"につながるわけです。


とはいえ、そんな決った時間で毎日を過ごすのが難しいのが現状でもあります。


ようは、眠り方も様々有るわけですが、人それぞれであり自分の体と向き合い、その人の生活スタイル、季節、体の調子、仕事の時間との兼ね合い等とのバランスをいかに取るかが大切であり、その時々で一番良い方法を探してみて、取り入れる事をおすすめします。


人それぞれの異なる眠りの質



あたたかい工夫 寒い季節を快適に過ごす方法

商品カテゴリ

サイズ別

サイズ別

オンラインショップ営業日カレンダー

詳しくはインフォメーションをご覧ください。

カテゴリから選ぶ
サイズから選ぶ