寝具に関して

暑がりの方向け!冬の寝具選び

  • 再生回数:176

暑がりの方向け!冬の寝具選び

はじめまして、商いの街・船場にて、心地よい眠りのための寝具の販売している日の本寝具の高谷です。

暑がりの方にとって冬の睡眠時の体温調整は難しいですよね。しっかりと防寒をしてしまうと暑くて寝苦しいですし、薄い掛け布団などでは寝冷えしてしまい体調を崩しかねません。
そこで今回は暑がりの方向けに冬の寝具選びのポイントをご紹介いたします。

快適な睡眠をとるためには暖かすぎず、冷たすぎない寝具をつかうことが大切です。
寒いからといって過剰に暖めすぎると夏のように高温多湿な状態になりかえって寝苦しくなってしまいます。
寝床内気温として一番快適なのは温度33±1℃、湿度50±5%RHといわれています。つまり、体感として布団の中が29℃になるくらいが最も心地よく眠ることができるんです。

暑がりで寝苦しいという場合、上記と同様に寝床内が高温多湿になってしまうことが大きな原因です。
そのため、寝床内を適切な気温湿度にキープすることができる寝具を使用することが大切です。

【掛け布団】
掛け布団には保温性がありつつ、吸湿性をもつものを使用することが大切です。羽毛布団は両方の機能を持ち合わせているだけでなく軽いため、寝返りが打ちやすく体に負担がかかりません。
また、羽毛布団を選ぶ際には側生地や布団カバーにも吸水性・吸湿性のあるものを選ぶことが大切です。サテンは肌触りもいいため快適に眠ることができるためおすすめです。

【敷き寝具】
敷き寝具には湿気をためず通気性のあるものでなおかつ、寝返りを打ちやすいものを使用することが大切です。
通気性の悪い敷き寝具を使用していると背中が蒸れてしまい不快感で快適に眠ることができません。また硬すぎたり柔らかすぎて寝返りが打ちづらいものだと体に負担がかかってしまいます。

【パジャマ】
パジャマも寝床内気温を快適な温度に保つために大切な要因になります。
暑がりの方には汗の吸収力がしっかりしている多重ガーゼや、コットンニットのパジャマがおすすめですよ。

10年以上使った羽毛布団にはご注意を!

ここまで、暑がりの方向けに冬の寝具選びのポイントをご紹介してきました。
中でも、掛け布団は寝床内気温を決める大きな要因になってきます。記事内では羽毛布団をご紹介しましたが、羽毛布団は品質によって保温性や吸湿性が大きくことなってきます。また品質の高いものでも10年以上使用し続けていると、暖かくなかったり、嵩がなくなったりといった問題が起きてきてしまいます。

そんな時におすすめなのが羽毛布団リフォームです。
羽毛を丸洗いすることで付着した汚れをしっかりと落とし、フワフワな状態に戻します。
こうすることで購入したてのような暖かく、フカフカな状態にもどすことができますよ。

羽毛布団でお悩みの方はぜひ一度日の本寝具にお問い合わせください。

この記事を監修した人
日の本寝具株式会社 代表 高谷和志 
・睡眠健康指導土上級 睡眠環境診断士 
・インテリアコーディネーター

お問い合わせはこちら