• facebook

保温性につつまれる/掛け布団と眠り

掛け布団と眠り

 

掛け布団の重要な役割とはやはり保温性。体から出る熱は上に向かって逃げていきます。

その熱を掛け布団による保温層により、上手く捉えて効率よく保温する事が一晩を通じて体の体温を維持し、心地よく眠るためには大切です。

そのほかに生地やキルトの違いによる肌への添い具合、掛け布団全体の軽さによる寝返りの打ちやすさ等、実は掛け布団の掛け心地の違いははっきりと分かります。

 

中素材について

 

掛け布団の場合、上に掛ける性質上嵩が出やすいため、中綿の素材によりかなりの違いが現れます。

それは、中綿の素材により空気層の密度が高く、空気層が大きいほど、人間の体温を上手く捉え、あたたかく保温することができます。

その中でも最も嵩が出易く保温性に優れた代表的な素材が羽毛となります。

 

 

羽毛:

天然素材の中でも最も保温性に優れ、そして最も軽いのが特徴です。

掛け布団の中のダウンボール一つ一つが上手く絡み合って高い密度の空気層を作るため保温性が抜群です。

そして中の綿がそれぞれ単体となっているため、体へのフィット感が抜群で、他の素材では得られない、暖かく包まれる感触を味わえます。

現在は羽毛リフォームによる打ち直しも可能なので長期的に見ると経済的でもあります。

羽毛布団の制作現場

 

 

真綿:

吸湿性・放湿性・体の添い感に特に優れています。

羽毛と違いとしては、体から出る湿気を吸って吸着熱で保温をするので、布団自体の嵩をそれほど必要としないのが特徴です。

体へのフィット感も優れ、掛け布団自体の厚みがありすぎるのがお好みでない方にお勧め。

 

 

 

 

 

ダクロン® シリーズの綿たち:

 

インビスタ社によって開発された、優れた耐洗濯性の人工わたです。
水になじみやすい特殊コーティング加工で丸洗いできます。
乾きやすく、ふんわり軽いことが特徴です。
埃やダニがアレルギーの原因の大多数をしめることは有名ですが、そのアレルゲンが洗うことで90%以上除去できることは意外と知られてません。
日の本寝具では薬品を使わず、たっぷりの水で丸洗いすることでアレルゲン対策することをおすすめしています。
さらに二枚合わせのオールシーズン(デュエット)タイプ等は、肌掛け・合掛けが取り外せて、簡単に丸洗いできるのでアレルギーの方に特にお勧めです。
定期的に洗濯することは、アレルギーを起こしにくい環境づくりの第一歩です。
とはいえ化学繊維は繊維自体に吸湿性はほとんどないので、蒸れを感じやすい方もいらっしゃいます。
調湿性が気になる方には、天然の綿のケット等と合わせてお使いください。
双方のいいところを取り入れて快適な眠り環境作りができます。

 

ダクロン® はインビスタ社の製品です。
ダクロン® ブランドは世界で最も長い歴史を持つ「ポリエステル繊維」ブランドです。
インビスタ社は、インビスタ社は、ポリエステル繊維分野における豊富な技術を持ち、様々な特徴を持った高機能ファイバーフィルを提供しています。

 

 

・ダクロン® FRESH :4穴および7穴中わた

繊維の1本1本に空気孔を持つ中空構造の特殊な繊維構造の中わたで水を吸収せず通すので、水に浮かず手軽に丸洗いできます。
洗ったあとも乾きやすく、お手入れがしやすいです。

また、ポリエステル繊維に施した浸水加工の特殊コーティングにより、寝ているときに人が放出する水分を素早く拡散、放出します。

 

 

< 4穴(4-hole Fiberfill)>

繊維の中に4つの空洞をもつ中空構造繊維。10回洗濯(弱流・マイルド洗い)した後でも、元の90%以上の厚さを維持します。
へたりに強く洗濯を繰り返してもふんわりした感触が続きます。

 

 

 

 

 

< 7穴(7-hole Fiberfill)>

世界最先端の7穴紡糸技術により、7つの穴を持つ中空構造繊維です。

弾力性のある中空繊維で、繊維の重なりによってできる層と7つの穴の複雑な構造が無数の空気の部屋を作り熱を逃がさず、温かさを保ちます。

 

 

 

 

・ダクロン® NATURAL FEEL: Down-like中わた

その名の通り、化学繊維でありながら天然繊維の特性を再現した、まさにナチュラル感のある中わたです。
天然素材に特有の、においや使い続けると生じる硬化などの短所をカバーし、保温性、肌触りといった長所を最大限に残した中綿です。

 

 

<ダウン-ライク(Down-like Fiberfill) >

特殊な構造と表面の処理で羽毛のような風合いを再現した極細繊維の粒わたです。
つぶれたりへったたりしにくく、ふんわり感が持続します。
なめらかでふんわり。温かさも羽毛に近いので
羽毛の風合いが好きだけど羽毛特有のにおいが気になる方におすすめです。

また、粒わたが羽毛のように一つ一つが粒綿形状になっているので、ポリエステル繊維ながら、体をやさしく包みます。
フィット感においても優れた素材です。

 

 

 

 

 

側生地素材について

 

掛け布団においての側生地素材については、体にフィットし隙間風が入ってこないかが重要です。

そして、

その柔らかさと風合いを決めるのが、糸の細さとなり、より細い繊維で織った側生地ほど生地が柔らかくしなやかで、体への添いが良く使い心地が良くなります。

 

 

綿:

吸湿性が良いため最も一般的に用いられる寝具用生地素材。

羽毛に用いられる生地については、目詰め加工がされており、通気がほとんどないため、熱も逃げにくいため保温性に優れています。

しかし、その反面若干蒸れやすいというデメリットもあります。

 

 

 

ふわふわ・アルファイン・さらさらコットン・ポリエステル・綿混:

軽量で洗濯に強いので、中素材も洗えるものであれば、ウォッシャブル対応可能です。

しかも、綿よりも軽いのが特徴。

羽毛に用いられる生地や防ダニ寝具用と使用している生地としては、細い糸を高密度に織りこんだ生地のため、通気がほとんどないため、熱も逃げにくく保温性に優れています。しかし、その反面若干蒸れやすいというデメリットもあります。

 

テンセル:

ユーカリを主原料としており、綿よりも吸湿性・放湿性が抜群に優れています。

そして、通常は羽の吹き出しを防止するために、加工している目詰め加工(ダウンプルーフ)も極限まで少なく抑えている為、一般的な羽毛側生地と比較して、通気性が抜群に良く、蒸れを感じやすい方にはとくにおすすめ。

しかも、とても軽量なので、羽毛布団用の側生地素材としては、実用的に見ると最も適しています。

ただし、羽毛の吹き出しは通常の羽毛と比較して起きやすいため、中に入れる羽毛のダウンボールの大きさや品質が良いことが求められる。

 

キルト種類について

 

掛け布団の中素材の偏りを防ぐという役割以外に、キルトにより掛け布団の膨らみ具合を調整する事や、体へのフィット感を高める事が可能となり、それらのことが保温性をより良くする良くすることにも繋がります。

よって同じ中綿素材を使用したとしても、キルトの種類が異なることで、保温性の違いが出ます。

 

 

立体キルト:

最も一般的なキルト。

掛け布団の枡目の部分に縦のマチ布を使用しており、立体的に掛け布団の嵩が出るので、保温性も比較的優れています。

 

ツインキルト:

掛け布団の間に薄い布を挟み、上下異なる枡目のキルトを施すことにより、より体にフィットしやすく、保温性に優れています。

より保温性を求める方にはお勧めです。

 

デュエットタイプ:

掛け布団の中綿量が合い掛けと肌掛け二種類あり、シーズン毎に羽毛の量の異なる掛け布団で保温性を調節しながら使えます。

ウォッシャブルタイプであれば、中綿量がそれぞれ本掛けと比べやすくいので丸洗いし易いのも特徴です。

 

アルティキルト:

フィット感に優れ、足元まであったかキルト。
胸元が膨らみ過ぎることでの重さや使い心地難さを改善するために、足元へ向かうごとにキルトの枡目をゆったり大きくしました。足元の保温性がアップしているのと、胸元のキルトが細かくしているので、軽さ・体へのフィット感が増しているオリジナルキルト。

タタキキルト:

掛け布団のキルトマス目部分にマチ布を使用せずに、上下の側生地に直接ミシンを貫通させ縫製するオーソドックな方法。

細かいマス目でのキルトがし易かったり、洗う事への耐久性が優れていること等が特徴。羽毛布団以外の掛け布団に多く使用されている方法。

 


あたたかい工夫 寒い季節を快適に過ごす方法

商品カテゴリ

サイズ別

サイズ別

オンラインショップ営業日カレンダー

詳しくはインフォメーションをご覧ください。

カテゴリから選ぶ
サイズから選ぶ